おまとめローンは便利だが、総支払額が増えることも

複数の会社から借金を行い、借金で首が回らないというような人にお勧めとされているおまとめローン。

これは、銀行などが提供している金融商品の一つで、「複数社の借入額と同等の額を銀行などが貸し出すことで、利用者の債務を一本化するためのローン」というものです。

これを利用すれば、支払い日の違う複数の会社から常に支払いを求められるような状況から抜け出すことが出来、返済計画などが立てやすくなるというわけです。

貸し出す銀行などにしてみても、大きな融資にはなりますが一人の固定客を抱えることが出来て長期に渡って利息が回収出来るということもあり、どちらにとっても利のある話なのです。

しかし、だからといってホイホイ飛びつくと、利用者側は損をすることになります。

おまとめローンを利用することで債務が一本化されたとしても、場合によっては支払う総額が増えるということも珍しくありません。

おまとめローンというのは、融資額が大きくなりますがその分利率は従来の融資よりも低めに設定されていて、ちょっと見れば大変お得です。

しかし、返済期間が倍以上に設定されていることが多いため、総支払額は増えてしまうのです。

おまとめローンを利用する前に、最終的に支払う金額がどうなるのかをしっかり計算することが、賢い利用方法と言えます。



関連記事

このページの先頭へ